ダエグのオイル交換するゾ | 返事が無い。ただのバイク乗りのようだ。     

2013年9月13日金曜日

ダエグのオイル交換するゾ

更新クソ滞りました!!

他の方のバイクブログを見てると、みなさんマメだし、バイク知識豊富だし、すごいですね!


今回はオイル交換した話です。

残念ながら、ZRX1200DAEGにはセンタースタンドがありません。

そのため、車体を直立させるには、メンテナンススタンドが必要になります。

ご親切なことにメンテナンススタンドをひっかけるためのボルトを取り付けるネジ穴だけは最初からスイングアームに開いてます。

街乗りバイクで最初からメンテナンススタンドが前提とかなんなん。日本のものづくり魂はこんなry

そんなわけで、メンテナンススタンド買おっかーと、ネットで物色していると、ボルト不要のやつを発見!

直接スイングアームに引っ掛けて持ち上げるタイプのようで、他のバイクにも汎用性利くし、これがいいじゃん!ということで、購入しました。

コレです。

組み立て前

組み立て後

商品情報はコチラ。(意外と安い)



早速、外に出てダエグをこのメンテナンススタンドで持ち上げようとしたのですが、

持ち上がらない!

サイドスタンドしかないので、車体が斜めの状態から持ち上げるわけですが、これが無理に力を入れようとするとフロントがバランスを崩して、サイドスタンドが外れそうになり、とても持ち上げられる雰囲気ではありません。

うーん、フロントを固定するものが必要だなっ!

仕方がないので、今回は車体が斜めの状態のまま、オイル交換をすることにしました。

オイルの銘柄ですが、カワサキの純正や蛍光グリーンの「冴強」とか色々迷ったのですが、ネットや会社の同僚の話から、総合的に判断して、最もコスパが良さそうなコレにしました。


ホンダ純正オイル ULTRA G2 (1本1,100円くらい)

チェーン店の安いオイルでみんな問題無く走ってるわけですから、そんなにこだわる必要も無いと思うんですけどね。

で、廃油にはコレを使います。



さて、やるかー!と思ったら、フィラーキャップがきつくて開かず、慌ててホムセンにゴムハンマーを買いに行くという出鼻を挫かれるアクシデントもありましたが、なんとか交換開始!

時々、車体をまっすぐにしたりしながら、オイル交換を無事終えることができました。
(でも車体をまっすぐにできないから説明書どおりの量で適量になってるか窓から分からない)

ちなみにドレンボルトのワッシャーは全然キズが無かったので交換しませんでした。


いやー、重くて、これだけでも達成感。

ダエグ オイル交換


他の関連ブログを見る(にほんブログ村)